サブバナ―背景画像

私たちのこだわり

飼育されている鶏の画像

整備された飼育環境

楡の木ファームは「ウィンドレス鶏舎」で20万羽の鶏を飼育しています。ウィンドレス鶏舎はその名の通り窓が無い鶏舎のことを言います。鶏舎内の空調、温度、光などの環境整備はコンピュータで管理しています。設備の自動化によって鶏舎内は清潔な状態を保つことができています。また外部と遮断されているため、野鳥の浸入による感染症のリスクも低くなっています。

梱包された卵の画像

常に新鮮な卵を出荷

1ロット約20,000~25,000羽の若鶏を年間ローテーションによって導入しているため、常に若い鶏が生んだ新鮮な卵を出荷することが可能となっています。皆様の食卓に美味しい卵を届けるために、鶏1羽1羽の健康状態や質にこだわり、新鮮さを重視した飼育に力を入れております。

飼料を食べている鶏の画像

美味しい卵をつくる独自の配合飼料

私たちは鶏に美味しい卵を産んでもらえるように、飼育環境はもちろんのこと、餌にもこだわりを持っています。配合飼料にはEM、ガーリック、炭などを独自に加えて、皆様に「美味しい」と言ってもらえるような卵を目指して日々、試行錯誤しています。

選別されている卵の画像

徹底した衛生管理

美味しくて安心・安全な卵をお届けすることにおいて、何よりも譲れないものは「衛生管理」だと考えています。楡の木ファームのGPセンターは食の安全を守るための衛生管理システム「HACCP」認証を取得しており、徹底した衛生管理体制のもと、卵を出荷しています。近日、養鶏場でもHACCP認証を取得予定です。

養鶏場の外観の画像

飼育から出荷まで一貫対応

楡の木ファームは養鶏場とGPセンターが同じ敷地内に併設されており、鶏の飼育から卵の出荷までを一貫体制で運営しています。皆様のもとへ丹精込めて育てた鶏の美味しい卵をお届けするために、責任を持って一貫生産いたします。

卵を出荷するまでの流れ

  • 原卵投入

    原卵投入のイメージ画像

    養鶏場からベルトコンベアでGPセンターに原卵が運ばれます。

  • ヒビ卵検知器

    ヒビ卵検知器のイメージ画像

    運ばれてきた卵にヒビが入っていないか検知器を使って確認します。

  • 選別ステーション

    選別ステーションのイメージ画像

    検知器で厳選された卵から更に綺麗な卵のみを選別します。

  • トレー搬出

    トレー搬出のイメージ画像

    選別された卵をトレーに並べて搬出します。

  • パック詰め

    パック詰めのイメージ画像

    トレー搬出された卵を自動でパック詰めします。

  • 出荷待ち

    出荷待ちのイメージ画像

    自社トラックで皆様のもとへ責任を持ってお届けします。